忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


時計がリセットされてしまうPS2の電池交換
電源をつける度に時計がリセットされてしまうPS2の電池を交換してみました。
DSCN1466.JPG PS2などの時計機能のある電気製品の多くは、電源を切っても時計が動き続けるように中に電池が内蔵されています。
この電池が切れてしまうと、電源を消す度に時計がリセットされてしまい、その都度、時計を設定しなければならなくなります。
  ◇電池の交換手順
DSCN1468.JPG ①本体底のネジを取り外します。
※ネジは隠しネジとなっています。
DSCN1469.JPG ②本体の底を取り外します。
底を取り外すと中の基盤が見えてきます。
赤い丸の部分が時計の電池です。
電池ボックスとして独立した基盤となっているため、手で引っ張り出すことができます。
※配線で繋がっているため配線を切らないように気を付けましょう。
DSCN1470.JPG ③引っ張り出した基盤の電池ボックスから電池を取り外します。
赤い丸の部分にマイナスドライバーを差し込むことで容易に電池を取り外すことができます。
④新しい電池に交換します。
DSCN1475.JPG ⑤あとは元通りに組み立てて電池交換終了です。
PS2は比較的容易に電池交換を行える構造になっているようです。
時計のリセットが気になる方はぜひ、電池の交換をしてみてはいかかでしょうか。
※PS2の型番によっては中の構造が変わるようです。また、電池交換を行うとメーカーの保証が受けられなくなるようです。

関連記事
コンセントを抜くと設定が初期化されてしまう時は…
  

拍手[2回]

PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


ブログ内検索
カテゴリ
広告
広告-おすすめ工具-
社会貢献-クリック募金-
クリックで救える命がある。
最新コメント
[03/28 コーン]
[11/28 ハッピー]
[08/28 あき]
最新トラックバック
カウンター